旅行・地域

草津への旅・3日目(やっとだよ。。。。)

日曜日から風邪に悩まされている、
ぴえです。

皆さんこんばんは☆

日曜夜の仕事中。
強烈な悪寒に悩まされつつも、
涼しい顔で仕事を済ませ。
『寒いよ~』
と内心プルプルしながら、帰宅。

悪寒に内心『ぎえ~』と、
思いながらも、
翌日は絶対に休めない雰囲気。

結局月曜も涼しい顔で仕事を済ませ、
だるい、大量の鼻水、
喉の違和感に悩まされる事数日。

今日になってようやく、
鼻水じゅるじゅるも治まりました。。。。
(でも馬鹿みたいな鼻声。。。)

という事で、やっとこさ、
草津の旅・3日目の更新です。
遅い、遅すぎる!

でも、更新するんで、
何卒お付き合い下さいませ 人( ̄ω ̄;)

では、始まり始まり~

最終日はまずは白根山へ行こう!
と朝決めて、
山道へと向かいます。

天気もよろしくて、
バイクでびゅーんと行くのは、
爽快でございます☆

バイク旅の良い所は、
標高が高くなってきても、
酸素が足りない感じが、
全然しないところ。

車だと何となく、
車内が酸欠っぽいような、
窮屈な気分になるんです。
生あくびが出る感じ。

そんな気分もまるでなく、
爽快な山道!

白根山の山頂には、
湯釜といわれている、
エメラルド色の巨大な火口湖があります。
Googleで検索したらこんなにいっぱい画像が~

あと、散策をするための、
ハイキングコースもあるようです。

今回は湯釜へは、
行きませんでしたよ~。
人がたくさんいて、びっくりでした。
季節柄でしょうかね?

Photo_2
山頂に向かう途中で一枚パチリ。
この木は何度か撮ってると思うけれど、
今回はキレイな赤い実がついてました。
キレイキレイ☆

そうして白根山山頂へ。

Photo_3
天気もよろしく爽快です~。
ヤッホ~!!!
(注:実際には言っていません)

と思ったら。
30分もしないうちに。。。。

Photo_4
なんじゃこりゃ~!!!
ってくらいの、超濃霧!

山の天気は変わりやすいと言いますが、
変わりすぎ!!!

バスツアーで来ている方々、
だいぶ薄着のご様子でしたが、
大丈夫だったんでしょうかね~。

湯釜目指して山を上ってた人、
焦っただろうな~。
ほんとにちょっと先が見えない、
ってくらいの濃霧だったので。

レストハウスでコーヒー飲んだり、
土産物をひやかしたりして、
(何度も試食したりした)
何となく濃霧をやり過ごして、
再び草津町へ下山~。

そう言えば、
白根までの超山道。
自転車で走行してる人、いました~(驚)

ちょっと下れば、
またもやお天気は爽快☆

ほんとに大自然とは、不思議なものです。
そして、草津に着いたら、
暑い。。。。( ̄Д ̄;;

この日のお昼は、
以前から気になってはいたものの、
入った事の無かった湯畑横のお店へ。

Photo_5
アタシはとろろ定食~☆

Photo_6

Photo_7

夫はしょうが焼き定食~☆

このしょうが焼き定食が、
どうやら売りらしく(本に出てた。)
試しに食べてみようという事で。

出て来てびっくり!超分厚い!!!
ポークステーキに使うようなお肉。

どちらも湯畑を眺めながら、
美味しく頂きましたよ~。

帰りがてらどこへ寄るか、
という相談をしていて決めた、
次なるポイントは、
『榛名神社』http://www.haruna.or.jp/

もう午後なので急いで向かいます
(計画的でないとこうなる)

いくら山道と言えども、
あんまりにも同じ方面へ行く人がいなくて、
だんだん日は傾いてくるし、
寒くなってきたな~。。。。
大量に残る走り屋のタイヤ跡を眺め、
『夜には絶対来たくない。。。。』
とかすごく思いました。

って頃に榛名湖へ到着~。

が、しかし榛名神社への道は、
まだまだ~

ますます同じ方向へ向かう、
車もおらず。

寂しい道をひたすら神社へ。
や~っと榛名神社に到着!
やっほ~い☆

( ̄○ ̄;)!

。。。。。。全然、人、いないね。。。

それもそのはず、
あと30分ほどで神社は閉まる。

パワースポットと言われる、
神聖な場所をぜいぜい言いながら、
がんばって向かう。

参道が信じられないくらい、
長すぎです~~~~。
どこに境内あんの?って具合。

でも。
山中の川沿いの参道は、
パワースポットの名に恥じない、
神聖な雰囲気。
(でもぜいぜい言いながら急ぐ。。。)

またもやGoogleで画像を検索したらいっぱい出ました~

巨大な奇岩や、背の高い杉、
周りの世界から隔絶されたような境内。

こんなに大慌てで、
来ちゃいけない場所です(笑)

とにかく印象的なのは、
大きな奇岩。

遠近感がおかしくなるような、
迫力ある光景です。

携帯のカメラじゃ何もおさまらない。。。
でも、一応アップします~。

Photo_8

Photo_9

境内に上がる直前にある大きな杉。
何となくその一本に触って、
勝手にパワーを頂いた気分に、
なってみたりしました。

帰宅後チラッと調べてみたら、
どうやらその杉、
縁起物だったようです~( ̄▽ ̄)
いぇいいぇい~☆

大慌てで巡った榛名神社。
(若いカップルに遭遇し、
彼らはいきなり弁当を食べ始めた。。。
もう。。閉まるよ。。。)
帰る頃にはもうすっかりと夕暮れ。

Photo_10

3日の旅も、いよいよ終わりだね。

そんな風にちょっと感傷的になりながら、
たばこを一服。

でも、ここは榛名。

まだまだ帰る道のりは長いのだ~。

と、再びバイクにまたがり、
東京砂漠へと、
舞い戻ったのでありました~

以上で、草津の旅のレポートは、
無事終了でございます~☆

やっっっっっっとこさ、
終わりましたですね。

長々とお付き合い頂き、
ありがとうございました

今回の教訓。
『旅レポは、新鮮なうちにアップせよ』
ですね。
はっはっは。

ではではまた自戒、
いやいや、
次回にお会いしましょう~☆




| | コメント (19)

草津への旅・2日目

ウォーキングデッドシーズン4!
の新たな展開に始まったばかりなのに、
もう早ドキドキしているぴえです。

皆さんこんばんは~。

どこかに見てる方いますかねぇ

自然に発生した展開なのか、
はたまた誰かの陰謀なのか。。。

うーん、早く来週になってくれ~

と、ひとしきり興奮をお伝えしたので、
草津2日目へと突入します。

この旅行前には台風が来たりしていて、
最悪雨の中バイク。。。
という心配があったのですが、
アホかー!というくらい好天。
むしろ暑い。。。。Σ( ̄ロ ̄lll)

タイツも履かずに山道へGO!

本日のひとまずの目標は、
『野のや』

の前に、まんじゅう。

Photo

Photo_2

『田島屋』のおまんじゅう~。
こちらのおまんじゅうは、
餡が5種類。

こしあん、粒あん、くり、くるみみそ、よもぎ。
(だったはず。。。)

あんに種類があるのも良いし、
皮がなかなか臭くて(良い意味ですよ!)、
美味しい。

ヘルメットを装着したまま、
まんじゅうを買っているのは、
またもやアタシです。

田島屋さんでは無料で熊笹茶を、
飲んでよいという素敵なサービスが。

Photo_3

で、『野のや』へ行きます!

六合村という所にあるお蕎麦屋さん。
ここの舞茸が、ほんっとにすごいおいしい。
野のやについてはこちら~

Photo_4

Photo_5

左は暖かい舞茸そば。
右は冷たいきのこそば。

ここへ来るきっかけは、
以前草津へ遊びに来た時に、
おまんじゅう屋さんで、
舞茸が美味しいお店がどこか、
聞いて教えて頂いたお店。

草津からだと一山超えて来る、
という感じなのですが、
教えてくれた方は、
野のやの舞茸を贈り物にするのよ~、
と言っていました。

で、野のやでは舞茸蕎麦が、
美味しいですよ~。
って教えてもらったのでした。

きのこ詰め合わせなど、
配送もしてくれるので、
自宅用でも贈り物用でも、
とっても良いと思われます。

でもネット注文とかはやってなさそうなので、
お店に行かないとダメかもです。。。

アタシの思い込みでなければ、
確か舞茸(きのこ)農家の方が、
始めたお蕎麦屋さん、
という事だった気がします。

そうだ!今回中之条ビエンナーレを、
満喫中という事はもうお話していますが、
ここ、野のやで、
ビエンナーレの恩恵が~

Photo_6
花豆の大福です!
野のやで販売されているものなのですが、
なんと~ビエンナーレパスポートを、
買っている人にはサービス!
だったのです~。
(-人‐)ありがたや~ナムナム。

これも美味しいんだよね~。
大きな花豆と生クリームの大福です。

ここまでは美味しいもののお話。
モグモグ食べて、
いざビエンナーレへ出発~!

まずは六合エリア。

前々回の中之条ビエンナーレ で、
すでに登場済みの『太子駅』、
『多すぎる幸せ』は、
六合エリアの展示です。
そして、このような展示も。。。

Photo_7
廃車を利用した廃車アート。
とでも言いましょうか。

受け付けにいたおじさんは、

『こういうのはさ^、
説明してもらわないと、
全然意味がわかんないよなー!
あっはっは~!』

なーんて言ってました~(笑)
でも。。。おっしゃる通りでもある。。
そして何故か、
アケビと山栗をくれた。。。

この展示の先にある赤岩集落という所は、
伝統的な養蚕の里なのですが、
蚕の繭のイメージも、
この作品にはあるらしい。
(っておじさんが言ってた)

今回見た作品の中には、
繭だったり蚕の糸を彷彿とさせるような、
作品が結構あったのですが、
(何も知らないで見ると、
最近こういう表現、流行ってんの?
などと思ったりする。)、
土地の歴史から、
インスパイアされている。
という事なのかも知れませんね?

アケビと山栗をくれた、
おじさんと作品たちに別れを告げ、
赤岩集落へ~。

山の中の集落。
という表現がぴったりなこの地域。

『重要伝統的建造物群保護地区』
という地区に指定されています。

養蚕に適した2階建てや3階建ての、
伝統的住居や、集落の景観を保存している、
という事のようです。

1階から住居に入って、
3階からも退出出来るという不思議な造り。

荷物の上げ下げの手間と、
地形を生かした住居という事でしょうか?

この住居内にもたくさん展示が。
あったのです。。。。

が、しかし、
何故なのか全く分かりませんが、
下らないアタシの写真1枚しかない!
という事実が判明し、
アップできない。。。。

なので赤岩周辺の景色を~

Photo_10

Photo_11

Photo_12

下の写真は、
蚕の里に何だかぴったりな雲模様。

ちょっと日が暮れてきている。。。
急がねば!

Photo_17
釣堀に浮かぶボートを見たり。

Photo_18
ススキの群れを見たり。。。

Photo_19
蝶の群生地に出くわしたり。。。。。

ん????
芸術作品の写真が全然ない!
(≧m≦)

ブログをアップするつもりで、
撮ってないからこういう事に、
なるんですかね~。

あ、でもこの蝶は、
ちょっと珍しい感じ。
暮坂高原の『花楽の里』
http://kara92.blog134.fc2.com/
という所で見ました。
http://nakanojo-biennale.com/archives/1481

長距離を移動する珍しい蝶、
『アサギマダラ』と言う名前だそうです。

この蝶が、お花畑に何羽も何羽も。
(蝶って1羽・2羽ですかねぇ?1匹・2匹?)
ちょっと幻想的な風景でしたよ~。

Photo_20
そして、初めて見たのがこれ。
咲きかけのひまわり。
ひまわりって、
こうして少しずつ花開くんですね。

ちょっとお気に入りの1枚です。

芸術も楽しいけど、
結局アタシの中では、
自然の現象の方がオモシロイのかも、
知れませんね。

あとこれ。

Photo_21
アジサイなんですが、
とんがってるのわかります?

アジサイってボーンって、
花が真ん丸く密集しているものだと
思っていたのですが。。。

ここのアジサイはとんがっている!

そして遠くの方に、
我らがバイクも写っている!
(全然関係ない。。。)

そんなこんなで日も沈み始め、
ホカホカの草津町へ帰ります。

最近湯畑の上に新しく出来た、
お湯へ行ってみることに。
『御座之湯』です~

こちらは入浴料を払って入るお湯です。
万代鉱と湯畑の2種類の源泉が、
楽しめる施設です。

2階には有料で休める広間もあるようです。

アタシが行った時は、
広い風呂場がほぼ貸切!!!
いぇい。
平日温泉の特権。
それは風呂場がほぼ貸し切り状態。
という事でしょう。

舞茸そばのせいか、
あんまりお腹も減らず。

その日の晩御飯は、
草津のスーパーで買った、
六合納豆と白ご飯。
あと豆腐の揚げ物。

前日、四万で夫が買った、
たまねぎの奈良漬。

コンビニで買ったスープと、
草津の地ビール。

Photo_23
(ぁ、やばい、おやつも写っとる!)

何だろう、この食事。。。( ̄▽ ̄;)

と思いつつも、
こういう適当な感じが、
一番好きなのでもあります。

時間にしばられる事も無いしね。

あ~こうしてブログを、
更新しているだけなのに、
『明日はもう帰るのか~ちぇ~』
という気持ちになっているのでした。

2日目の草津旅行記は、
ここまで。
残すはあと1日分。

なるべく早めに更新するです~
(。・w・。 )たぶん~
だって。。。。。
もう一ヶ月ほど前の出来事なんですもの。。。
ネタが。。。。古いよ。。。。
という事で、次回もお楽しみに~!

| | コメント (11)

草津への旅・1日目

待ちに待った『ウォーキングデッド・シーズン4』が、
放送開始になりウキウキしちゃうぴえです。

皆さんこんばんは☆

これで毎週の楽しみが出来たというものです。
FOXのHPをご参考に~

では、前回の宣言どおり、
草津の旅をご紹介~

日曜日の仕事上がりで、
夜遅くに出発進行~☆

Photo

後ろを向いて遠くを見ているのが、
アタクシです。。。
なんだろ、この写真は。。。。

月曜から観光を開始!
予定を考えたのがほぼ夫な為、
一体どこへ行くんだか、
よく分からないままバイクに乗る!

途中、珍しい物を見物~。

Photo_3
『甌穴(おうけつ)』という、
川の中に空いている丸い穴。
こういった穴が、
川のあちこちに。

近くで見るとこんな風。。。

Photo_4

なんか~、
画面下に指が写ってますが~。
何となく渦が巻いているような感じの、
川の流れが分かりますでしょうか?

こうした流れの積み重ねで、
丸い穴が出来上がる。
(んだと思う。。)
『四万の甌穴群』のページ
こちらもどうぞ。

それにしても水のきれいな事。
やはり、海より山だな。うん。

そして甌穴を後にし、
四万温泉へ~
目的はここ!(だったらしい!)

Photo_5
『千と千尋の神隠し』のモデルに、
なったと言われている、
『積善館』http://www.sekizenkan.co.jp/

古い建物ですが、
その分趣120%!!!!!
橋の右手に見えている建物の、
壁が茶色い部分。
ここは、お風呂です。

立ち寄りで入浴可能なので、
入りました~
ちょっとモダンなようなレトロなような、
変わったお風呂場。

今で言うサウナのような、
一人用の小部屋がありました。
何かドキドキするので、
入りませんでしたが。。。。
(だって、中がほんとに暗くて、
狭いうえに、
どうやって使うんだか、
よく分からなかったんですもの。。。)

こちらの積善館でも、
前回アップした中之条ビエンナーレの、
展示が行われています。

繭の作品が展示されていたのも、
ここです。
展示を眺めながら、
温泉街をちょっとぶらぶら~

Photo_6
またもや後姿で登場の、ぴえです。
ちょっとひなびた温泉街。

あと、四万温泉では、
焼きまんじゅうというのが、
有名なのだそうで、
夫の熱望により食す。

Photo_7
五平餅(お米をつぶしてまとめたような餅)
のような気持ちで食べたら、
全く違うもので、
まさに、焼いた、まん!

ふかふかしたまんじゅうの皮を、
甘辛いタレで頂くというもの。

小さな軒先で、
おばちゃんが焼いているのですが、
結構お客さんが次から次へと。。。
忙しそう。。。
雑誌に出たりしているみたいで、
紙面のおばちゃんは、
とても笑顔でしたが、
実際のおばちゃんは。。。。。
かなり黙々と、
まんを焼き続けていました。。。

そんなこんなで、
その後も四万エリアの展示をひとしきり見物。

Photo_8
こういった(旧?)商店の中に、
現代アートがあるわけです。

そう、この中にも、
素敵な作品があったなぁ。うんうん。
(照明を落とした展示なので、
全然撮ってない。すみません。)

あ!そうそう。
こんな現象も!

Photo_9
彩雲です~。
縁起が良いのだそうな。
彩雲は、見つけるとすぐに消えてしまう、
何だかはかないもので、
見れると異常に嬉しくなってしまうのでした。

で、そうこうしているうちに、
あっという間に夕方に。
山は日暮れが早い。

今、ここで何かを食べないと、
次に食べ物にありつけるのは、
いつになるか分からない。。。。
なんせ山超えて、宿に向かうからね。。。。

という相談をし、
先程焼きまんを食べた向かいの、
『柏屋カフェ』へhttp://www.onsen-cafe.com/

タバコが吸える!!!!
ありがたし!!!!!!

F_2

Photo_12

夫はカプチーノとプリン、
アタシは確かアイスコーヒーと、
フライドポテト。
温泉マークのかわいいカプチーノも、
カップの上下から飲むと、
イカへと変身を遂げました。。。

軽く腹ごしらえを済ませ、
(後から考えると、このごしらえは、
大変大正解だった!!)
いざ、山を越えて草津へ~☆

途中、作品展示を発見し、
寄り道をしつつ~。
材木屋さんの敷地にて。

Photo_13

 

Photo_14

左は小屋の中に作品が。
右は屋外に作られた、
材木で出来たサークル。
その中央に椅子が配置されていました。

ほんとに色んな表現があるものです。
この作品を見て、
本格的に山道へ突入!!!
と、思っていたら、
地元のおばちゃんが、
トコトコ近付いてきて、
どこから来たの~?なんて、
お話になったりして。

で、
『今からどこまで行くの?』
『草津です~』
『え?マジ?
道細いし暗いから気をつけてね。。。』
(注:おばちゃんはマジ?
とは言ってません。。。。)
『あ、でも~、
2人だから寂しくないね~あっはっは』

と、言って去って行ったけど。。。。

実際峠道は暗いし、
ぐにゃんぐにゃんの、
登り下りの曲がり道の連続!
恐るべし、峠道!
そりゃおばちゃんも、
心配するわね。

後ろに乗るアタシは、
腹筋に力が入るので、
これを日々続けてたら、
腹筋割れるかもなぁ~とか、
思ったりしておりました。

くら~い峠道を無事越えて、
草津待ちへ到着~☆

暗いから気分的には、
夜中に付いたような気分ですが。
実は全然普通の時間の夜でした

夜ご飯を食べに&町の湯へ行く為に、
湯畑近くへ。

ソースカツ丼と、カツカレーという、
全然草津と関係ないもので、
腹を満たし(でも、美味しい!)、
町の湯の中でも大好きな、
『地蔵の湯』へ~

いつもは比較的ぬるめで、
のんびりと入る地蔵の湯も、
今回は冷えてるせいか、
熱い!
でも、やはり地蔵が良い。

地蔵源泉は町民の湯では、
地蔵の湯だけにしか引かれていないので、
何だかちょっと特別感があります。
(アタシの中で)
宿で地蔵源泉を引いている所、
あるのかなー??

草津へ行くと、
町民の湯というものがあって、
無料で温泉に入れます。

当然どの宿も温泉ですが、
草津には源泉が幾つもあるので、
町民の湯や、
公共の湯(お金を払って入る)で、
お湯比べをするというのも、
草津の温泉の楽しみです。

ちなみに。
温泉手形というものもあります。

こちらは良い宿(=結構高い宿)に、
宿泊したお客さんのみ購入できるもので、
良い宿の湯巡りが、
出来るのだそうですよ~。

いつも我が家は、
懐に優しい所にしか、
宿泊してない(出来ないとも言う?)もんで、
実際手形がどういうものなのか、
残念ながら知りませんが。。。。。

お腹も満たされ、
地蔵にも入って、
ぽかぽか幸せ気分で、
宿へと帰りましたとさ。

2日目・3日目はまた、後日~☆
ではではでは。

| | コメント (10)

中之条ビエンナーレ

近頃パソコンの限界を感じているぴえです。
皆さんこんばんは~。

なかなかにもう古いらしい。
夫が人から譲ってもらい、
それを調整してもらい、
アタシが使っている訳なのです。

でも、近頃、全然動かなくなったり、
とっても機嫌が悪い。

特に。。。ゲームが。。。。
某ヤフーのモバゲーというのを、
パソコンでやっていると、
『キーーーーーーーーーッ!!!!』
となる。。。。(`Д´)

(モバゲーに夢中で、
ブログを更新していないという、
噂もあるけど~)

これ以上容量(っていうのかしら?)を
上げられないという所まで、
上げてあるのだそうだ。

買うのか。。。。。アタシ。。。。
お金。。。あるんですか。。。。???

まあ、そんな話はさておき!

今月初めに、
大好きな草津へ行って来たですよ~

バイクで。
アタシは乗っているだけなので、
夫が頑張りました~

泊まったペンションが、
な・なんと!一泊2500円(当然素泊まり)という、
超ラッキーな2泊3日の旅です☆

行くまでは、
ここへ行こう、あそこへ行こうと、
考えたり考えなかったりしていたのですが、

行ってみたらば、
『中之条・ビエンナーレ』という、
芸術祭の真っ最中でした!
いぇい☆

詳しくはこちらへ~☆

元々四万温泉には、
行く予定だった(ぽい)のです。
が、行ってみたら芸術祭だったという!

山深い地域に残る、
昔ながらの建造物の中に、
たくさんの現代アート作品が展示されています。

屋外にある作品もあったり。

昔ながらの家屋や納屋、
蔵、商店・駅・民宿など、
今では使われていない建物などで、
鑑賞します。

ちょっとだけ作品をご覧下さい~。

2





『多すぎる幸せ』

こちらは、小さな蔵の2階。
とっても急な階段を上ると、
このような空間が。

この作品は、
蔵の中に残っていた生活品と、
作家さんのコラボレーション、
といった感じでした。
タイトルがとても印象的。

Photo_2

『ここにしかない
歴史の中で・・・』




こちらは『千と千尋の神隠し』の、
モデルになったと、
言われている、
四万温泉『積善館』の中。
HPはこちらです~
(ここを見に来る予定だったっぽいです)

古い和室に、巨大な繭(だと思う。。。)
怪しげな、でも何だか心惹かれてしまう、
という不思議空間でした。

Photo_3

Photo_4






『つなぐ手をあわせても』

こちらの2枚は絹糸作りの機械と、
作品という感じです。
ちょっとにやにやしてしまうような、
キモカワな動物達と、
歴史ある養蚕業。

Photo_6『ゆめくり』
今は使われていない、
太子(おおし)駅。
長野原~太子を結んでいた、
鉄道駅跡です。


ここには、このような作品が~。

Photo_7


両脇の犬は、
アタシの私物です。。。
ごめんなさいね。


この真ん中にある白い人形。
この人形が、
駅跡の至る所に、
たくさんちりばめられていて、
駅の廃墟に残された、
夢の妖精のようでありました。

と、このように。

た~くさんの作品が、
中之条・六合(くに)・暮坂・
沢渡・伊参(いさま)・四万という、
6つの広大なエリアに、
点在するというのが、
中之条ビエンナーレです。

スタンプラリーもあったり、
散策に必須、かつ、
後から鑑賞するのにも、
大変楽しいしっかりとした、
パンフレットも付いています。

ホームページに、
作品の写真や詳細がアップされてます。
是非にご覧になってみて下さい。

2年に1度なので、次回は再来年。
また来るかなぁ?

それにしても、
草津に来たら、
草津だけでは勿体無いのですよ!

今回はたまたまビエンナーレでしたが、
チャツボミゴケっていう、
珍しい苔が見れたり、
一山か二山越えると、
舞茸の美味しいおそばがあったり、
白根山もあるし。

今回の旅行記、
後日もうちょっとアップしようかな。
色々楽しかったので~。

ではでは、
次回までさようなら~☆

| | コメント (4)

長々と書き連ねて最終編

草津最終編をいよいよ書きますぴえです。

みなさんこんばんは。

前回からちょっと時間がたってしまいましたが、
張り切っての報告です。


さて、六合村へ向うべし!最終日。
草津温泉街で一泊して早速出発~。

何度も草津へ来ていましたが、

『こっちへ行くとどうなるんだろうね~』

という道を選んで進みます。


温泉街やペンション群を抜けていくと、

やはり山。

すぐに曲がりくねったカーブの道へ突入~。


すると『チャツボミゴケ公園』という看板が。。。。。。

チャツボミゴケって。。。。

何でしょう??(笑)

響きがかわいいね~なんて言いながら、目指せ六合村。


そして山を越えて、畑のど真ん中でT字路。。。。。

どっちだ~??と大きな道案内の看板をチェック。

右へ行くと六合村方面。

そして左へ行くと。。。。。『チャツボミゴケ公園』


珍しい苔が見れるらしい。

早速携帯でチェック!

ATMへ行くのを忘れ、二人合わせても1500円くらいしか持っていないという始末( ̄○ ̄;)!

入園料が高かったら入れないというキケンが。。。。。


でもどうやら入園料がとってもお安いようなので、

せっかくだから珍しい苔でも見ようと寄り道~。

受付へ行くと(200円でした~)、
群生地近くまでは車で行き、山道を300メートル位歩いて行くとの事。

なんかアドベンチャーな感じ~☆

砂利道の山道をどこどこ進み、さらに渓流沿いを徒歩で登ります。
Photo_9

穴地獄。。。。。すごいネーミング。。。。
ここから先がいよいよ本格的な群生地。

群生地へ進むと。。。。

わおわお~~~~~~
丸々とした苔がモコモコ生えているーーーーー!!!!!
めずらしいーーーーー!!!!
Photo

Photo_2

このチャツボミゴケは酸性の強い水の周りでしか生育しないらしく、
何と本州で見られるのはここだけなのです!

まさかのレア度にびっくり仰天。

もうちょっと近くで見るとこんな感じ。


Photo_5

不思議な苔なのです。
200円でこんなにも素晴らしい物が見れていいのだろうかと、
わいわい感想を言いながら、再び六合村へ向かいます。

ありがとう~チャツボミゴケ~
(外国語名は『ユンゲルマンニアブルカニコーラ』というそうです。)

チャツボミゴケ公園の方に手書きの地図も貰い、
六合村の舞茸といえばこの店だね!というお店情報もしっかり入手。

『途中に野菜の直売所があって、そこの野菜も良いから寄ってみると良いよ』

というまたも新たなドラクエ的地元情報を重ねて入手したので、
直売所にも立ち寄り~。

Photo_6
なんと。。。心温まるようなメッセージが書いてあるじゃないか!

そう思うと野菜が買いたくなるのが人情ってものです。
ミョウガダケという茗荷の上部の茎と(ちゃんと茗荷の味がする!!!)
にんにくを購入しました~☆

ちゃんと200円入れましたよ!

そしてミョウガダケの使い方を聞く為に奥のおうちの方へ行ってみました。

使い方だけ教えてもらうはずがお茶に呼ばれ、
山菜の佃煮&手作りイチゴジャム&お茶、という嬉しいサプライズが~☆
色々世間話をしてお別れしました。

上の写真の看板で『めいこ』って書いてあったので
めいこさんがやっている直売所かと思っていたら、
めいこさんは飼っているヤギだということでしたょ。。。ふふふ。

そんなこんなで再出発。

地図をもらったにもかかわらず、
右へ曲がる道を左へ行き、
奇跡的にまた同じ場所に出てくるという、
一瞬、山の怖い話かと思うような出来事に出くわし、びつくり。

ほら、よくあるでしょう??
山道で迷った人たちがどうやっても同じ場所に戻ってきてしまう。。。。

ふと見ると古びた洋館が。。。。。

みたいな。

まあそんなことは全く起こらず、
無事に六合村へ突入~~~!

そして郵便局へ直行~~~~!!!!!
(お金ないと舞茸買えないんで!!!!)

いそいそとやって参りました。
野のやさんです。

こちらはお蕎麦屋さんで、舞茸の販売も行っています。

元々は舞茸農家なのだそうですが、
美味しい舞茸を消費者の方にもっと食べてもらえるように、
とお蕎麦屋さんを始めたのだとか。
(確かそういう話だったと思うけど、全然違っていたらすみませんホント)

他にもきのこの詰め合わせや、
ちょっとしたお野菜(株からばらけた舞茸とか)も売ってました。

Photo_7
野のや

もちろん舞茸のてんぷらのお蕎麦を食べて、
舞茸ご飯も注文~~~☆

おいしーーーー!!!!

例のごとく食事の写真はありませぬ。

あと、草津でよく見かける花豆。

アレが入っている大福がある。。。。。。

食べる?食べちゃう??

『すいませーん 大福もくださーい』

こちらも美味美味。ぺろっとなくなっちゃった。

箱入りの舞茸ではなく、ばらけ舞茸(お安い)を沢山購入し、

お腹もいっぱいで六合村を後に致しました。


今まで何度も草津へ来ているけれど。

今回はとても不思議な事に、
予測していない所にとってもおもしろい事が転がっていて、
それを拾い続けて行くような旅になりました。

小林かいちに出会えたり、
水澤観音の陶器市を眺めたり、
ドラクエ的に道筋が決まって行ったり。

ほとんど何の予定も立てずに来たのが良かったのかもね。

まさにぶらり旅。

地元の方のアドバイスに感謝感謝でございます。

『やまびこ』(まんじゅう屋さん)で舞茸の話をしなければ、
六合村へ向かう事はなかったし。

とっても収穫の多い草津旅でございました。

3回に分けて書く必要もなかったかぁ???
なんて思いつつも。。。

書いていない事もあったりするんだけれど、
今回はここまでです。

異常、いや、以上、ぴえの草津レポートでした☆

皆さんも是非草津へ~。
なんなら住みたいくらいですが、
どうやったら草津でちゃんと生活出来るか、
方法が分からないので止めておきます。。。。

言わずもがなですが、お湯もサイコーです~☆

| | コメント (4)

くさっつ~♪よいとっこ~♪いっちど~は~あ♪おいで~

珍しく前回のブログの続編を書いているぴえです。

皆さんこんばんは~。

では、始めます!

1日目は水澤観音と、保科美術館での小林かいち鑑賞。

どちらも初の訪問で、その時点で、もうすでに大変な満足度

でもまだまだ旅は続行中~。


1日目後半

草津温泉へ来ると毎回温泉饅頭食べ比べが行われるのですが(夫の趣味)

今回こそはと向かった、『松むら』。(←おもに夫が)


前回、お店が閉まっていて食べそびれたので食べる気満々~。(←おもに夫が)

と思ったら、今回は売り切れ。。。。。( ̄▽ ̄;)

さらに翌日からは2連休。。。。。( ̄▽ ̄;)

今回も松むらはお預けとなりました。。。。ちーん。


でも、『さいふや』『冨貴堂』『ちちや』『やまびこ』と、有名どころを食べつくす!

ぴえはさいふや派だったのですが、何故だか前回食べた時の感動が無い~

お饅頭のてっぺんが穴の開いている形状に変わったからなのか?

何だか皮の風味も前より香らない気がするし、触感も変わったような。。。

なぜだあー!!!!!!!!!!


どなたか同じように思っている方いるかしらん。

アタシの舌が悪いのか?何かが変わったのか?

ご存知の方いらっしゃいましたら、是非ご一報下さい。

今回は『やまびこ』の揚げ饅頭(コレは毎度毎度うまい!)、
『ちちや』のお饅頭が大変気に入った饅頭食べ比べ大会でございました。
(あ、でもこれはぴえ的な感想なので、夫は不明。。。。結局どうだったんだろう。。。。)


で、食べ比べ大会の最中。

『やまびこ』のお店の方と、
舞茸蕎麦が美味しいお店の話をしていたんだけれど。
(ちなみにこの舞茸蕎麦のお店も15時までという事で間に合いませんでした~食べログ☆大野屋

草津の舞茸は『六合村(くにむら、と読む)』というとても良い産地で作られていて、
その方も贈り物用などで、時々買いに行くのだとか。

『舞茸売ってるところは一軒しかないから、行って周りの人に聞けば絶対に分かる』

という、ちょっとドラクエ的な助言を頂き、

舞茸ファンとしては『そりゃ行かないと!』という事で、翌日レッツゴーする事に決定。


そんな1日目の夜ご飯は、早めな時間に萬年屋にて舞茸蕎麦を頂きました!
平日は舞茸ご飯もサービスで付いてくるのです!!!わーいわーい!

外観は以前と変わらずふる~い感じですが、
中は綺麗にリニューアルされていました。

炒めた舞茸が温かいお蕎麦に乗っていて、ナイスでしたよぅ~。


ぶらぶらと散策し、地蔵の湯・千代の湯と草津名物の外湯を浴びて、
宿泊先のペンションで乾杯~

おつまみに豆腐の味噌漬けを購入していたのです!

そうして草津の夜は更けて行きました。


それにしても今回は食べ物の話しかしていない。

の、割には全然写真がないという。。

『撮ってる暇があったら、食べる!』

というぴえの性格が良く出ているかも

なので、お饅頭関連のリンクを貼ってみました。。。。

さいふや 松むら ちちや 富貴堂

そして、翌日はとうとうドラクエ的助言を元に、
六合村へ向かいます!

というところで、今回はここまで~☆

Pupupu

長々とすみませんが、
次回も是非にお付き合いくださいませ~。

ではでは~。

| | コメント (4)

いろいろいろいろ

何だか人からのお誘いが異常に多い日々をおくっているぴえです。

みなさんこんばんは~。


ある日突然。

何故か。

人様から。

お誘いが集中する。

先月の下旬くらいから、

休みの日にはだいたいお誘いの予定が入っていて、
妙に忙しかったですー。

嬉しいけれど、もうちっと分散しているとありがたかったりして。。。
贅沢な話ではあるけれど。

だって、普段暇なんですもの。。。。


でも7月に入り、

お出掛けラッシュも終盤に差し掛かって。


そして、大好きな場所群馬県・草津へ行ってまいりました~☆


Photo

梅雨の合間の好天気に恵まれ、
暑いくらいでした。

今回は初めて水澤観音http://www.mizusawakannon.or.jp/index.phpというところへも立ち寄り~。

駐車場の前では陶器市が開催され(何故かAKBが爆音でBGM。。。)、
地物野菜が販売されていたり、
釈迦堂が公開されていたりして、
平日とは全く思えないほどの大盛況~!!!

観光バスでいらしている方もいっぱい。

水澤観音はなかなか素敵な場所でした。

Photo_2涼しげな金魚

Photo_5                    水子様


Photo_6                                             急激過ぎる階段。。。。本格的にあぶない


銭洗いの清水があったり、
三回廻すとご利益がある仏様があったり。

神社仏閣好きなので、行った早々満喫してしまいましたよ!

そして水澤観音を後にして、
お次は伊香保保科美術館~http://www.hoshina-museum.com/

こちらでは最近気になっている、
『小林かいち』の展示を偶然にも見ることが出来て、
超大大大感激のぴえでした!!!

小林かいちは大正時代から昭和にかけて活躍した木版絵師で、
封筒や葉書、着物の絵柄のデザインまでも手がけていたそうです。

同時代で竹久夢二が大変有名ですね。
彼は挿絵画家として活躍し、モダンなデザインの挿絵などを多数残しています。

美術館のグッズ売り場でレプリカの封筒が販売されていたのですが、
やはり本物を見てしまうと、
版画の良さが消えてしまっていて、ちょっと残念。。。

という事で購入はしませんでした。

とってもモダンな雰囲気のかいちワールドは、
本当に素晴らしい。

まだまだ謎の多い人らしく、『謎のデザイナー』なんて、
言われたりしているそう。

そういう所も、何だか素敵。


今回の草津の旅はとっても収穫が多かったので、
他のお話は、また次回。。。。^^

| | コメント (4)

カレンダーと小さな世界

前回のブログで発表した入籍に、多くの方にコメントを頂いて、
幸せこの上ないぴえです。

皆さんこんばんは☆

本当に本当にありがとうございます
これからもどうぞよろしくお願い致します。


さてさて、2月になりましたね~。
そして、月が変わったという事は、

そう。

カレンダー。

2

画像をいつもよりでかくしてみましたが。。。。

あらい。。。。( ̄▽ ̄;)
やはりアタシの古ケータイには限界があるのか。。。


今月の台紙は紙袋を使ってみたのです。

紙袋の内側が、とてもよい感じのチョコレート色だったので、

『おお、これは

と、ひらめきまして。

持ち手の部分も、画鋲にしっくりとはまってくれるので、
飾りやすい☆


このカレンダー作りも、何気に一年を突破し(やらなかった月もあるけど。)
今年に入ってからは、

『台紙に変化をつける』

という事を目標にいろいろやってみています。

そしてフリーペーパーやチラシから切り貼りをしています。

なかなか楽しいけれど、
また新たなアイディアが沸かないかなぁ~。
なんて事も考えたりしています。

こういう時、絵心があると良いのですが~。
残念ながら~という感じ。


ところで、カレンダーの左下に貼ってある明らかに場違いなシール。

これは、先月末に夫の実家(名古屋)へ行った時に、
遊びに行った『野外民族博物館・リトルワールド』 http://www.littleworld.jp/のキャラクターです。

ちょっと、気持ち悪いんだよね~!(笑)

車で向かっている道中で時々リトルワールドの看板があるのですが、
毎回いるので、着く前からすんごい気になってしかたない。

ちなみに名前は『ヤンバンくん』だそうです。

で、そのリトルワールド。

広大な敷地の中に、世界の住居が点在しています。
その住居の中に入ったり、各国の料理や、
民族衣装(すごい安くレンタル出来ます。でもやってないけど。。。)も楽しめます。

Photo

↑こちらはイギリスの農家の家の中。(だったと思う。。。。)
ちょっと光の差し具合が素敵な感じだったのでアップしてみました。

誠に失礼ながら、オモシロ半分気味で行ってみたのですが、
これがすんごいおもしろかった!!!!

じっくり見すぎで、博物館を見る時間がなくなってしまいましたょ。
しかも、その博物館の展示もかなり本格的。

嗚呼もっと早起きしてくれば良かった。。。
と、後ろ髪引かれる思いで帰りましたのです。

また行きたいわ~。

名古屋辺りへ行ってお出かけの際には、是非行ってみて下さい。
犬山というところに、リトルワールドはあります。

土日は色んなイベントをやっていたりするようなので、
更に楽しめると思います。

ちなみにぴえ夫妻は平日の閑散とした雰囲気の中で、
相当楽しみました。ははは。

是非にリトルワールドへ~☆
って、何だか最後は宣伝みたいになっちゃったなぁ~。

| | コメント (10)

きゃっきゃ言いながらバスは進む

13時間寝太郎ぴえです。
皆さんこんばんは。

今日は起きたら14時半でしたー

この一ヶ月程は、ちょこちょこ働き、遊び、という感じだったので、
睡眠が爆発した模様です。

ぼへーって感じです。
ぼへーーーーーーーーーー。


そう!前回予告しましたが、一昨日狩りへ行ってきました!
はとバスツアーです。
女子4人でキャッキャと行って参りましたよ~☆

野菜詰め放題(きゅうり・ピーマン・里芋という謎の組み合わせ)
道の駅とよとみ⇒http://www.sannichi.typepad.jp/toyotomi/

なす畑でなす狩り(5本。5本以上欲しい人は、1本50円でどうぞ。)

信玄豚の冷しゃぶ&おざら(ほうとうを冷たく食べる)
信玄館⇒http://www.ykj.or.jp/shingen/

巨峰畑で30分巨峰食べ放題。そして小さい一房お土産付き

お酒工場ちょっと見学&試飲(お酒の仕込み水500mlお土産)
笹一酒造⇒http://www.sasaichi.co.jp/
ここの『吟醸ソフトクリーム・350円』は絶品

という内容でした。

初めての日帰りバスツアー参加。
黙ってても、次々と目的地へ運んでくれる。
時間もきっちりで、滞りなくバスは進んでゆくのです~

011_4 なす畑を激写中の、Iさん。一眼を持ってきていて、かっこよさ気。
いいなぁ~008_5           
        
野菜詰め放題。きゅうり・ピーマン・里芋
3種を軽く詰めれるかな~って感じ。                  




002_3
道の駅とよとみにあった、
『納豆の自動販売機』!!!
うちの近所にも欲しい。。。         
                                            
001_4                               
信玄館にて『信玄豚冷しゃぶ&おざら』
冷たいほうとう(おざら)を初体験です☆
が、しかし麺がくっついちゃってるよーー!
                   
Photo_4
30分間デスマッチ、ではなく、巨峰食べ放題。
今年は、不作だとのお話。

でも、こんなにおいしくて不作だったら、
良い年はどれだけおいしいぶどうなんだろう。

自分で狩った房を食べるもよし、
冷やしてくれてあるものを食べるもよしの食べ放題。
ぴえは、小さい2房分くらいは食べました~。


山梨県はとても好天気。
暑い位でした。                                             004_4
空も青々していて、まさにバスツアー日和
初冠雪直後の富士山も綺麗に見えました。

お土産付きツアーにも関わらず、行った先々で色々買ってしまい、
帰りは超重かった。。。。(ex:味噌・ワイン・梅酒などの重量級)

土とか植物がいっぱいある所へ久し振りに行き、
かなりリフレッシュ☆

そして、なぜかやはり畑は落ち着く。。。( ̄▽ ̄)

フツフツと沸き立つ、自給自足生活への欲望を確認し、
東京砂漠へ舞い戻ったのでありました。

それにしても、バスツアーってのは便利だなぁ。
結構色んな人が来ていた気がします。

また何か、おもしろそうなツアーがあったら行ってみようっと。

| | コメント (2)

泥んこオケツと食い倒れ。そして、痺れる。

この夏最大のやまばを超えた、ぴえです。
皆さんこんばんは。

今回は写真多し、ですよー☆

昨年に続き、今年も行って参りました、フジロック2011!

30日の夜から苗場へ行って来ましたよ。

車で向かったのですが、人生最強の雷雨に見舞われたと言っても良いくらいの、
土砂降り&ゴロゴロ

フロントグラスが、ぶっ壊れるかと思いました

東京から埼玉へ入り、東松山・嵐山辺りから上里SAがピーク。

車中で『すげー!!!!!!』の連呼でした。

赤城高原SAに着く頃には、『さっきまでのアレは一体。。。。』っていうくらい、
静かな夜って感じでしたけどね~。

2年連続で参戦しましたが、基本的にぴえは音楽に疎いんで(でも行く。)、
彼氏や、姉カップルについて行く感じなんですねー。

だって、山に行ったりしたいじゃん!って感じです。

行ったら行ったで、超盛り上がっちゃうし。

昨年同様、姉カップルズは初日から参戦し、後日合流。

彼らのスケジュールに乗り込み、31日昼間は結構のんびりと過ごしました。

あいにく朝は雨模様でしたが、リストバンドをまず、入手!

Photoそして早速、何か食べようって言って(ホテルでパンとか食べたのにー)、エチオピア料理のブースで『エチオピアンチキン&ガーリックポテト』ってのを、がっつり食べました。

その直後、泥道のちっちゃい坂で、つるーん!どしん!と、尻餅をつき。。。。。
まだ、何もしてないのに、フェスで暴れて泥だらけの人みたいな雰囲気になりましたとさ。

ちなみに、彼氏が言うには、尻餅をついた瞬間、地響きがあったそうです。。。。。。。

そうして、斉藤和義のライブ

ごはん(タイラーメンと、みんなの御飯を分け合う。舞茸どんぶりとか、鳥の黒酢丼とか)

Corner Shopを少し観る
http://www.fujirockfestival.com/artist/artistdata.asp?id=3048

フジ・ブルース・プロジェクトhttp://www.fujirockfestival.com/artist/artistdata.asp?id=3138
(憂歌団のボーカルや近藤房之介などブルースな人たちのユニット)

コーヒー飲んだりする。
そして一瞬、ダークスターオーケストラhttp://www.fujirockfestival.com/artist/artistdata.asp?id=3068

The New Master Soundsという感じでふらふらとライブ鑑賞。

ライブ後、ピロシキが売り切れていたので、
朝摂りトマトを食べ、さらにおにぎり2個&みんなの御飯を分け合う。

という1日でしたー。

フジ・ブルース・プロジェクトが、大変かっこよかった!!!!!
自分自身が、ブルースが好きかどうかはよく分かりませんが、
渋い・濃い・ガツンとしてる!!!!

ベテランさんの集団って感じで、パフォーマンスも演奏も迫力あり。

初めて聴いても、知らなくても、盛り上がれる。
それがフジロックの楽しいところ。

ちなみに昨年は『ジョンバトラー・トリオ』が最高潮にかっこよかったです!

最後に観た『New Master Sounds』。
彼らも最高☆痺れるね。

バディ・ガイっていうブルースのおじいちゃんが出演出来なくなり、
急遽出演が決定したようです。

朝以外は、たいした雨も降らず、お天気にも恵まれ良い1日でしたよ~。
Photo
Fuji_rock_2011Photo_2

夜になると、キャンドル・ジュンのキャンドルがゆらゆらと。
なかなか素敵な雰囲気でした。

おいしいものもいっぱい食べたし(食べすぎ)。

今回も、痺れるライブに遭遇したし。

尻餅ついておけつが、どろんこになったし。


道中、水沢うどんの名店『大澤屋』へ。http://www.osawaya.co.jp/shop.html
ものすごいボリュームの、舞茸天のざるうどんを食べましたよ。
うどんも、つゆも、ごまだれも、そして肉厚のまいたけも、全部が全部、うまい!
Photo_3
結局、食べてばっかりなんですが、
みんなで楽しく過ごして、無事東京へ戻って参りましたとさ。

もうぴえの夏は終わりで良いですー(笑)

また来年も、みんなで行けますように。

野外フェスは、たのしーよー☆

| | コメント (0)